FC2ブログ

治る病「不安障害」「躁うつ病」「軟部肉腫」と闘う「真実」のブログです!

締め切りは3/31!

診察時間まで時間があったので本屋に行き、私のターゲットである某雑誌を購入したら、なんと締め切りが3/31と近いことが分かりました。毎月買ってればよかった…今度から購入します。

せっかく頂いた原稿なのだから(ここまで言えばどの雑誌かはお分かりかと思います)ここはもう丁寧に仕上げて、絶対投稿しなければ。(時間があればネームも投函したいかな)
完成後は別の出版社で高い評価を貰ったネームを漫画にして投稿予定です。

でもなあ、その出版社から「『りぼん』にも向いてそうな絵柄ですよ」と言われた経験もあって、一度少女漫画を描いてみてもいいのかなと思ったりも。昔は少女漫画風の絵も結構描いてたし、恋愛描写も嫌いじゃなかったりしたので、機会があれば。

今回と次回はコメディですが、その次はコメディを含んだダークメルヘンを描こうと思っています(プロットは完成しています)。
葉月ゆらさんの不気味かつ可愛らしい魅力のある歌声を聞いていたら、無邪気な少女(もしくは少年)がどす黒い心を持った悪魔…というのも頭に浮かんだり。描きたいことだらけで、逆にエンジンがかかりません…。

■【葉月ゆら】GOTHIKA★赤ずきん【nayuta】
何度耳にしても離れない。美少女の歌声が恐怖心を煽ります。

話は全く変わって、ジェット・リーのアクションを見ていたら蟷螂拳(とうろうけん)に興味が湧き、その武術の本をネット販売で申し込み。私の中に素手で戦う武術の名人がいるので、描いてみたいんですよね~。
「NARUTO」のリーさんもジャッキー・チェンの酔拳を使ってる場面があって、アニメで見た時動きまくってて興奮しましたよ(原作も凄い)。喧嘩…いや、武道家のアクションて、見てて本当に熱くなりますよね。
でもジェット・リー氏は現在病気で軽い運動もできない体に…。治って頂きたいです。

あ、ちなみに皆さん、酔拳は本当に酒を飲む武術ではないですからね。酔っているような動きをするから、相手は先が読めないと言うわけですから、決してお酒を飲んで戦ってはいけませんよ!
ましてやメチルアルコールなんて絶対の絶対に飲んではいけませんからね!!

もし飲んでしまったらすぐ病院に行くように…。

拍手ありがとうございます!
スポンサーサイト

何があったのかは分からないけど…。

仕事帰りの母が異様に機嫌が悪く、家族全員に当たり散らす。父が「何切れてんの?」と聞くも、「あんた達は私がお腹空かないと思ってるのね、良く分かったわ!」と激怒。

どうやら出かけた父と兄が、疲れている母のための昼食を買わなかったことが原因のようですが…あの凄い剣幕は私には恐怖でしかない。私は傷付いたり恐怖を覚えると、激しい眠気に襲われる体質のようだと自負していましたが、母の怒りが収まったのを見計らって自室へ戻り、そのままベッドに倒れ、実際の所寝てしまいました。
悪夢も見てしまい…すっきりできない。…でも、母が立腹してから二時間ほど経った後キッチンに行ったら、さっきの怒りは何だったのかと思う程彼女は落ち着いていました。

だけど、怖い。今日ほど母親の顔色を窺って生活していると思った日はないかもしれません。最近鳴りを潜めていたパニック発作を起こしかけ、抗うつ剤を服用。こんなに待ち遠しい薬の時間は久々です。

明日は心療内科の受信日。あの恐ろしい風邪を引いてから神経も崩れやすくなったことを伝えなければ。

拍手ありがとうございます。

うわあ…。

録画しておいた「どろろ」5話を観る…。

う…うわあ…子供達の面倒を見ている心優しき少女、ミオが男達から集団で…。
レイプ…?と思ってたけど、これ娼婦ってことですか…。身を売りながら歌うっていうところが怖すぎる(「泣きそうになったら歌う」ってこのことか…)。身体を川で洗っているのもグサッとくる。

なんていうか、手塚作品てこういう場面結構ありますよね…というか多いですよね。「奇子(あやこ)」って漫画を立ち読みしてたら、母親が自分の養父(実父かもしれない)とまぐわってるシーンがあって、物凄い恐怖を感じたのを覚えています。それ以来のショックです…。

すぐ6話を観ましたが、声を取り戻した百鬼丸が絶叫しながら(産声みたい)、刺客を切り殺しまくる場面が惨たらしくてちょっと辛い。明らかに子供向けではないアニメです。同時にこういう場面は医師免許を持っている手塚治虫だからこそ描けたんだろうなあ…と、少し妙な感動もしたり。

でもこういうの嫌いじゃないです。勿論フィクションの話を踏まえてのことですが、この「どろろ」の場合は「娼婦」、アダルトゲームの「雫-しずく-(←エログロ表現あります。注意)」で言うと「兄妹での近親相姦(リメイク版では血縁関係はない)」。こういう「まともな感性」の人が見ると嫌悪感しか感じないであろう禁忌な場面はタブーな背徳感が強く、逆に目が離せなくなります。惹きこまれてしまう…何故だろう。

拍手ありがとうございます!

今入ったニュース。

「ドラゴンクエスト」映画化。と言うか、今夏放映決定済み。

…次回に続く。

アンジェラ。

アンジェラ00
■「聖剣伝説3」よりアンジェラ。下書きはこちら

我ながらやけにエロい一枚に仕上がってしまった気がします…それだけアンジェラが好きなのさっ。可愛いよアンジェラ!

そのアンジェラと言ったら母親の存在が欠かせない話ですが…。
うちの母がまた体調を崩しかけているようで、少し心配です。様子を見て、明らかに異常を感じたらまた病院に連れて行こうと思います。

拍手ありがとうございます!

お城に戻りたいよ…。

アンジェラ(下書き)
■「聖剣伝説3」よりアンジェラ。リースと対にするためややアオリアングルです。杖が不自然ですな。

上手い下手以前に、明らかにリースよりも力が入っているイラスト…w いや、使いにくいけど本当に好きなんですよアンジェラ(過去に使用経験あり)。デザインされた結城信輝氏も一番のお気に入りと言っているそうで嬉しい。

しかしこの格好で雪原の中歩くって…ゲームとはいえ、あんなに歩いたら寒さのあまり気絶どころか人は即凍死してしまう。

初見、リースより背が高く見えたのは私だけでしょうか?

驚きました。

皆さんも、もう既にメディアの放送等で存じられてると思いますが…池江璃花子選手が白血病と診断されました。→Yahoo!ニュース

将来を期待されている若き選手に突如襲い掛かってきた病魔。私も驚いておりブログにどうコメントを綴ろうかとも思っても、言葉が出てきません。

オリンピックを含めて今後のことは別に考え、今は治療に専念されて頂きたいと思います。

ペン入れ終了!

全32ページペン入れ終了しました。トレース台を使ったこともあって、いつもよりはるかに早く進められました。でも途中でうつうつしたり風邪を引いたりと、一筋縄ではいかなかったのがちょっと…。そういうのがなければあと一ヵ月は早く終わっていたと確信しています(言い訳)。
今回は行きませんが、コミティアに持ち込めるペースで漫画が描けると、少し自信が付きました。やっぱりひと段落すると気持ちいいですね。

それではいよいよ楽しいトーン貼り。それまでにちょっとだけ休憩をはさむことにします。

拍手ありがとうございます!

ちょっと休憩を。

ペン入れしていましたが途中で予定が入ってしまい、中断。明日盛り返します。

夜「聖剣3」プレイ。
ローラント奪還のイベント。オープニングの時点でやたら広い城だと感じ、絶対ダンジョンになるんだろうなと思っていたら、案の定魔物の住処に。城の最奥でジェノアという壁のモンスターとバトル。スクウェアって本当に壁のモンスターよく出すなあ~…、デモンズウォール、ルームガーター…みんなトラウマレベルで強いんですが。その後攻略サイトを見たら、なんかアイテムを使うと楽に倒せるみたいな事が書いてあり、げんなり。アイテムを使えば楽になるって、どうも「作業的ゲーム」になってしまうので面白くない。兄曰く「昔のゲームあるある」。

戦闘システムはそういう手間がなかった「2」の方が断然面白かったです。今作の「3」はリースが槍を使っていても「鋭く突き抜ける」感覚がなくて、今一つ爽快感がありません。宝箱が出るタイミングも遅いし、出たら出たでトラップが多すぎて大ダメージ、やりにくい。ボスを倒しても達成感があまりなくて、どちらかと言うと徒労感の方が強い印象を受けます。魔法もテンポが悪くなってしまうので、ついアイテムに頼ってしまうことも多々…。
まあ…これは「聖剣2」をとことんやり込んだ経験があるからそう感じてしまうのかもしれませんが。

ホークアイ格好良いなあ…仲間のために土下座までするなんて、義理堅いです。…そんな彼を見て、リースちょっと心惹かれてる?確かに似合いそうな二人だけど、ホークアイは健気に牢獄で帰りを待っている(というとちょっと違うけど)ジェシカを選んでほしいですね。

そんな二人の間でシャルロット(15歳)がリースとホークアイの仇である美獣イザベラと言う女に、敵意をあらわにする。
シャルロットも、びぢうはきらいでち!おっぱいぼよよんだし…(原文ママ)

センス古いぞシャル。可愛いけどw
とにかくリースとホークアイの仇は同じなのは確定したので、このパーティにしてよかったです。だけどボスがどんどん強くなる。回復役にシャルロット入れたのは本当に正解。この後は雑魚でも反撃してくる展開になるようなので、アイテムを買い出しに行かなければ。

ちなみに現在のセーブ地は「漁港パロ」。これから船に乗ります。DQシリーズに出てくる「ルーラ」、FFシリーズの「テレポ」が存在しないので、世界が広く感じます。良いですね、旅に出ているという感じで独特のリアルさがあります。たまに大砲の中に入って目的地に飛ばされるという命がけにも程がある移動手段もありますが。(「2」にもあった)

拍手ありがとうございます!

今日は手塚治虫先生没後30年の日だったそうです。ご存命なら90歳。今更ですけど本当に早すぎますね。享年60歳。これからと言う年じゃないですか…もっといろんな漫画が描けたでしょうに。
さくらももこ先生もそうでしたけど若い頃に全てを経験してしまうと、夭折されてしまう方が多い気がして居たたまれない。水木しげる先生が残された名言「なまけ者になりなさい」というのは、その意味が込められているようにも感じ取れます(実際はなまけ者になっても食えるほどになれ、というのが本意だそうです)。事実水木先生は大往生されましたから…と言いたいけど、せっかく鬼太郎6期が放送されているのだから、是非見て頂きたかったのも確か。
本当に八頭身ねこ娘が可愛すぎます!!

あと二枚…!

漫画のペン入れもあと二枚。トーンはあまり使用したくないので、全体的に黒いです…。内容はライトなノリのコメディなのにね。
日記を読み返したら、12/14からペン入れを始めていました。うつ&風邪にならなければとっくに終わってたはず…体調管理はしっかりしないといけませんね。

漫画制作をしながら、連載が取れた時に使いたいシナリオを練ったりしてました。「聖剣伝説3」の主人公6人のオープニング(生い立ち)が皆重くて切ないので、私の方もレギュラーキャラにしっかりと旅立つ理由を添えたいと思いながら、一人の少年の設定を作っていたら、我ながらなんて酷い過去を負わせてるんだと変な怒りがこみ上げてきたり。でも影の薄いキャラだったので、充分個性が立ったかなと少し満足。

…連載のことを考えるより、まずデビューですよね…はは…。
いえ、いいんです。夢は大きく持ちたいので。本当に…早くストーリーもキャラデザインも沢山の人に見て頂きたい。

拍手ありがとうございます!
プロフィール

真実

Author:真実
私「真実(まみ)」が
運営するオリジナル、
親ばかFC版FF3中心の
脱力系イラストブログサイトですw
▼バナー直リンク推奨。

まずはこちらからどうぞ!←クリック

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家志望へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード